人時(にんじ)とは?意味や計算方法、工数管理での使い方を解説

本ページでは、工数管理の際に使う「人時」という言葉の意味について解説いたします。

人時とは

人時とは(にんじ)とは、1人が1時間かけて完了できる作業量のことです。英語では「マンアワー」という言葉で表現されます。

人時は時間をベースにした単位のため、比較的小規模なプロジェクトで工数管理に取り組む際に使われます。たとえば「このタスクには1人時かかる」という使い方をします。

▼「工数」という言葉の意味や使い方については下記記事を参考にしてください

「人時」の計算方法

人時の計算方法は「人数」×「作業時間」で算出できます。

たとえば、1人だと1時間かかる作業の場合は「1人時」と表現されます。この場合、2人で取り組めば30分で終わるという計算になります。

人時はあくまで作業時間の目安です。すべてのメンバーが同じ処理能力であることを前提に計算されますので、実際には多少時間を前後する可能性がある点にご注意ください。


工数入力や集計にできるだけ時間をかけたくない企業様には、ワンクリックで実工数データを記録できるTimeCrowdがおすすめです
⇛TimeCrowdのサービス資料はこちらからダウンロードいただけます

「人時」に似た言葉

「人時」に似た言葉として「人月」や「人日」があります。

それぞれの意味や読み方は下記の通りです。

  • 人月(にんげつ):1人が1ヶ月かけて完了できる作業量のこと
  • 人日(にんにち):1人が1日かけて完了できる作業量のこと

▼人月や人日について、意味や計算方法を知りたい方は下記記事を参考にしてください

また、人時に関連して「人時生産性」という言葉があります。

これは、従業員1人あたりの生産性を純利益÷総労働時間で算出した指標です。人手不足や市場競争が激しくなった背景から、日本企業の間で従業員1人あたりの生産性に注目が集まっています。

▼人時生産性の意味や計算方法については下記記事も参考にしてみてください

工数管理にはTimeCrowdがおすすめ

時間をベースにした細かい工数管理には、打刻機能を搭載したTimeCrowdがおすすめです。

タスクの開始時と終了時にワンクリックで打刻をするだけで「どのタスクに・どれくらい時間をかけたのか」を記録することができます。

また、GoogleカレンダーやOutlookカレンダーを連携をすれば、カレンダーに入力した予定から自動で打刻をすることも可能です。

下記のようにレポート画面から実工数データを確認できるため、わざわざデータを集計して加工をする必要がありません。


また、メンバーごとに時間単価を設定すれば、プロジェクトやタスクごとに要した人件費を自動で算出することもできます。

TimeCrowdは最初の2週間は無料でお試しいただけます。

少しでもご興味のある方がいらっしゃれば、下記のサービス資料から詳細な機能や料金プラン、導入事例をご確認ください。

工数管理ツール「TimeCrowd」の資料をダウンロード
TimeCrowdに戻る